HOME>コラム>ハイレベルな知識が必要となりますが人気の高い資格です

ハイレベルな知識が必要となりますが人気の高い資格です

医療事務の資格を取得するためには?

医療事務は必ずしも資格が必要というわけではなく、資格がなくても職に働くことはできます。ですが、資格を持つほうが面接でも知識をアピールしやすくなり就職しやすくなるので、働きたいと考えるのであれば資格は取っておいたほうが良いかもしれません。医療事務にはどのような資格があるのかというと、主に4つあります。医療事務管理士技能認定試験、メディカルクラーク、診療報酬事務能力認定試験、医療事務認定実務者などがあります。中でもメディカルクラークは、4つの資格の中でもよく知られており、面接でアピールするには最も有利になる可能性があります。知識の習得は独学でも良いですが、高度な知識が必要となるので、専門学校に通って学ぶ人もいれば通信講座を利用して学ぶ人もいます。

医療事務の平均的な待遇はどのくらい?

もし医療事務として働くのであれば、大学病院や総合病院で働く場合は平均的な給与はおおよそ初任給20万円前後といわれています。アルバイトの場合は、時給1100円からとなっているところが多くあります。資格を持っていれば、資格手当をつけてくれるところもあるでしょう。資格を取って職に就くのであれば、なかなか安定した職業でもあるため、医療事務として働けるよう資格を取る人も増えています。もし、その場所での仕事をやめなければならない場合でも、ほかの場所で医療事務として働くことは十分可能となるため、安定した生活を維持していこうと考えるのであれば、医療事務に関する資格は持っているほうが得になるかもしれません。