HOME>オススメ情報>あなたはどの方法で資格を取得する?医療事務資格カタログ

医療事務の資格講座で学べる内容とは

基本としては、診療点数やカルテから算定する診療報酬請求書の作成を学びます。これを柱に、健康保険制度や病院ならではのマナーを理解し、医療機関で仕事をするためのスキルを身に着けることができます。

あなたはどの方法で資格を取得する?医療事務資格カタログ

実習や就職が有利になる?通学制の資格講座のメリットを知ろう

通学制の特徴は、同じ資格を目指す仲間とモチベーションを維持しながら学習できることです。また実践的に学べる院内実習に携われるほか、資格取得後は学校と提携先の医療機関へ就職できるチャンスもあります。講師が理解できるまで丁寧に指導してくれるので、安心して資格取得に向けた勉強を進めることができます。

自宅でじっくり学習できる通信制の資格講座のメリットとは

講座DVDやテキストを見ながら自分のペースで理解を深めていくことができ、家事や仕事と両立しながら自分の時間を使って学習できるメリットがあります。最短4週間程度で受験に必要なスキルが身につくのでスピード学習が得意な人にはおすすめできる学習方法です。受講費用が安いことも大きなメリットとなるでしょう。

医療事務と併せて取得したい「医療秘書」の魅力

医療機関に関する法律や制度を学べる

医療事務に関する知識を深めるとともに、医療機関で随時照らし合わせが必要になる法律や、制度に関して詳しくなります。特に、国や自治体に申請できる補助金制度の概要や、医療機関が負うべき義務などを知ることができます。

医療機関ならではの接遇が学べる

医療機関には当然、秘密保持や個人情報の漏洩防止策などが必要となり責任ある行動が求められます。同時に、患者や医療従事者、外部の医療関係者など医療機関ならではの接遇や、ビジネスマナーも身につけることができます。

医療保険制度をしっかり学べる

医療事務や医療秘書の資格に必要不可欠なのが、医療保険制度に関する知識です。正しく請求を出すことが医療機関の義務となります。この資格を取得することで、周囲にも安心して仕事を任せてもらえるようになることでしょう。